FC2ブログ

東京回遊録

2020-09

本郷中央教会

日本基督教団本郷中央教会
文京区本郷

本郷中央教会

竣工:1929年(昭和4年)
設計:ボーゲル

1890年(明治23年)創立の教会ですが、当時の建物は関東大震災で全壊し、
昭和4年に米国人宣教師ボーゲルの設計によって再建されています。
コンクリート造りで重量感があり、都内にある教会の中では大きい方でしょうね。
夏目漱石の「三四郎」にも登場しているらしいです。
(読んだはずなのにかなり前なのですっかり忘れてます。)


本郷中央教会


本郷中央教会

内部はいかにも教会という感じではなく、
集会も行われていたということなので学校の講堂っぽいです。
昭和初期の映画に出てきそうな室内です。

本郷中央教会

「春がきた」「春の小川」等を作曲した岡野貞一氏
ここのオルガン奏者として長く勤めていたそうです。


人気blogランキングへ


根津教会

根津教会
文京区根津1
竣工:1919年(大正8年)

P6041981.jpg

薄い水色の壁がかわいい小さな教会です。
小さいとはいえ80年以上の歴史を持ち、国の登録有形文化財に指定されています。
木造なのに関東大震災や東京大空襲も焼失せず残ったなんてすごいですね。
このあたりの地域は被害は少なかったんでしょうか。

P6041986.jpg

以前に紹介した下落合の日本聖書神学校の淡い緑色の壁もよかったですが、
こちらの水色もさわやかでいいです。

P6041983.jpg

まわりはいかにも下町という感じでしたが、教会は違和感なくこの場所に溶け込んでました。


目白聖公会

新宿区下落合

seikokai51.jpg

聖シプリアン聖堂
1929年(昭和4年)建立

seikokai52.jpg

キリスト教には詳しくないので、厳密な違いがよくわかってないんですけど、
聖公会というのはローマカトリックとプロテスタントの中間に位置する
英国教会のことらしいです。

seikokai53.jpg

館内は昼間は窓から差し込む光だけなので薄暗いんですが、
そのおかげでステンドグラスが鮮やかに輝いています。

seikokai54.jpg

ステンドグラスは12枚ありもともとはイギリスのチャペルにあった物を
無償で譲り受けたということです。1889年(明治22年)作とあるので、
指定はされてないようですが、これ自体歴史的記念物ですね。

sekokai55.jpg




«  | HOME | 

Monthly Archives


他にも写真系ブログが沢山ある
『人気blogランキング』
に参加してます。
banner[2].gif

にほんブログ村 写真ブログ

Categories Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

tokyokaiyu

tokyokaiyu

東京の古いところ、新しいところを
写真にとっておきたい。
チャリで動き回ってます。
by don