東京回遊録

2005-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛西臨海公園


1P3270599.jpg

いい天気で菜の花が満開でした。
人も多すぎでしたが。
ディズニーランドより安上がりで十分楽しめるので、
こっちに流れる人も多いのかな。

P3270607s.jpg


P3270611s.jpg

花の名前、忘れました


P3270615.jpg

展望レストハウス クリスタルビュー


設計:谷口吉生 
竣工:1995年



スポンサーサイト

オリンピックセンター


den.jpg


正式には独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センターという
なんとも長ったらしい名前です。
オリンピック選手村の跡地の一部を昭和40年より青少年の育成施設として使用。
老朽化のため改築し、2001年に現在の姿になりました。

olynpic2.jpg

全体的に淡い色合いで、形も積み木を重ねた、
おもちゃのような建物たちです。
色んな研修が行われており、学生から新入社員、年配の方々まで
年齢は様々、人種も様々です。

olynpic1.jpg



oli1s.jpg


設計:国土交通省関東地方整備局、
   坂倉建築研究所



代々木ポニー公園


pony1.jpg

ぽかぽか陽気で、夢見心地のポニー。
お昼ごろ暖かくなると眠くなるんだそうです。
インストラクターの方がおっしゃってました。

pony2.jpg


東京乗馬倶楽部の隣に今月から再開したポニー公園です。
小さな馬に直接さわれて、子供たちうれしそうでした。

pony3s.jpg

東京乗馬倶楽部


uma1.jpg

uma2.jpg

んー、走っている馬を撮るのは難しい。
しばらく撮るのやめて、眺めてました。
競馬はあまり興味ないですが、
馬自体は綺麗で見てて飽きないです。
乗ってる人もかっこよく見えちゃいます。

ここは新宿のすぐ近くの
東京乗馬倶楽部です。
大正10年設立ということで、歴史ある倶楽部です。
ちょっと高いですが30分6500円で体験乗馬もやっています。


clubhouses.jpg




umadocomos.jpg



続きを読む »


x.jpg


この日他に2本飛行機雲を見ました。
飛行機雲日和。



学習院大学東別館


iso100-180-f8-auto.jpg

higa.jpg

126OLYMP-P3210371_P3210371.jpg

竣工:1913年(大正2年)
設計:宮内省

北別館とは趣が変わって日本的です。
ここも北別館と同じく、ちゃんと現在も使用されながら
(当時は皇族の方々の寮)
保存もしっかりされています。
休日なので、どちらの別館も閉まってて
中には入れなかったのが残念でした。

p-iso100-60-f4.5--1-autos.jpg

「乃木館」1908年(明治41年)建築
第10代院長乃木希典が学生と寝食をともにした総寮部の一部を
移築したもの。

今回は勝手に入ってしまったんですが、正式には施設部で
見学手続きをしてから見学することになっているようです。

写真を撮りながらだと一時間くらいはあっという間に
過ぎてしまうくらい見るところがあるので(馬もいます)
一度来てみると面白いと思います。

学習院大学北別館


11.jpg


竣工:1909年
設計:宮内庁  

この建物は学習院の中で最も古く、
明治42年に旧学習院の図書館として建てられたものです。
現在も約7万点の古文書を所蔵する史料館として用いられています。
木立に囲まれた白壁の木造建築で、
どこか田舎の公民館か小学校を思わせる佇まいです。

14s.jpg



学習院大学


ap-iso100-350-f11-+0.5-auto.jpg


学生と思われたのかすんなり中に入ることが出来ました。
本当は見学の許可が要るのかもしれないですが。
まあ、他にも家族連れが何組かいたので大丈夫かな。

ap-iso100-60-f4.5-auto.jpg


大学内は広いです。
由緒ある校舎の中に変なピラミッド校舎があり
かなり目立ってます。
昭和35年に完成ということで、意外に古い物なんですね。
嘘か本当かこれに登ると始末書を書かされるらしく
3枚で退学という話もあるようです。
でも、登ってみたくなる気持ち分かります。

そのほかにもここのキャンパスは変わってます。
ここはどこ?大学?な感じで、
「血洗いの池」という不気味な名前の池があったり、
うっそうと茂る森があったり、
ちょっとした山歩き気分が味わえる事請け合いです。


126OLYMP-P3210394_P3210394s.jpg




p-iso100-30-f4-autos.jpg



自由学園


jiyu11.jpg

明日館
竣工:1921年(大正10年)
設計:フランク・ロイド・ライト/遠藤新

好きな建築家の一人です。
帝国ホテルを明治村に見に行きたいのですが、
しばらくは愛知万博であちら方面は大変なことに
なってると思うので、お祭り騒ぎが収まった後の
楽しみにとっておきます。

jiyu2.jpg


ここは池袋駅に近い住宅街の中にあります。
有名建築家が作った建物という派手さはなく、
まわりの環境とうまく溶け合っています。
あいにくこの日は結婚式が入ってて、
内部の見学は出来ませんでした。
土日祭日は結構催事が入ってて内部見学は
なかなか出来ないとの事。んー残念。

jiyu.jpg


そのかわり記念撮影用なのかいすが並べてあったので、
ここを紹介している他のサイトの写真とはちょっと違った
正面写真を撮れました。

126OLYMP-P3210408_P3210408s.jpg


この椅子はロイドのデザインに似てますが
遠藤新の作らしいです。

ビルVS夕日


hi1.jpg


とうとう花粉症の季節になってしまいました。
今日は使用済みティッシュ大量生産です。
これからの外歩きはつらい......






国会議事堂前公園


sakura.jpg

こんなところに公園があるの知りませんでした。
こんなところというのは国会議事堂のまん前。
自分が知らなかっただけなのか。

ソメイヨシノの開花はもう少し先ですが、
ここの桜は満開でした。

kanhis.jpg

<寒緋桜>

和風と洋風の庭園があり洋風庭園のほうには
憲政記念館や測量の原点となる水準原点、三権分立を表す時計塔があります。

tos.jpg


この塔は三面になっており、立法、行政、司法の三権分立を象徴し、塔の高さは
「百尺竿頭一歩を進む」
ということわざの意味から、百尺(30.3メートル)
より高くした31.5メートルに設定されています。

和田倉噴水公園


126-2603_IMG.jpg

皇居と東京駅の間にあるとても綺麗な公園です。
昭和36年に完成し、皇太子殿下の結婚を機に
平成7年に再整備されたものです。

125-2599_IMG.jpg


今日みたいな天気のいい日にはもってこいの
涼しげな場所です。
でも、夜に照明が当たった噴水も幻想的なので、
今回はコンパクトデジだったので、
次回は夜にE-300を抱えて来ようと思います。

126-2605_IMG.jpg

126-2602_IMG.jpg

ハーモニカ横丁


2.jpg

吉祥寺駅前にパルコや新しいアーケードに囲まれて
昔ながらの横丁が残っています。
昔ながらといっても、少しずつ中にあるお店は
入れ替わっているようですが。
古いだけでなく結構今風な店もあります。

戦後小さな店が肩を寄せ合う様に建ち、
それがハーモニカの吹き口に似ているため
『ハモニカ横丁』と呼ばれるようになったらしいです。

ここはまっすぐ一本だけの路地ではなくいくつか横に
枝分かれしているので、なんだか迷路にでも入り込んだ気に
なって、歩いているだけでも楽しいです。



3s.jpg




4s.jpg



こういった横丁は時代とともになくなる運命
なのかもしれないですが、中のお店は変わっても
ずっと残っていってほしいものです。

井の頭公園


lake2.jpg


神田川のぼりに出発したのが遅かったので、
井の頭公園に着いたのは4時過ぎでした。
でもまだまだ多くの人でにぎわってました。
(写真はちょっと寂しげですが)
小さなフリマのようなものがでてましたが、
場所柄か学生さん達の作ったアクセサリーとか
似顔絵だとか芸術っぽいものが多いかなという印象。

126OLYMP-P3120285_P3120285.jpg

井の頭公園に来た目的のひとつがこの桜です。
河津桜という桜があるというのを最近はじめて知って
(ブログのおかげです。)
井の頭公園にも咲いているとの事で、見に来ました。
ソメイヨシノより少し色が濃い目で、
色的にはこちらのほうが好きかも。

公園内のはずれにはジブリ美術館があったのですが、
予約がないとは入れないようなので、
トトロを見るだけで帰りました。

totos.jpg

受付のトトロ

神田川


以前に「My favorite things」のdabadabaxさんに
コメントを頂いて神田川の源流は井の頭公園にある
とのことだったので、神田川を遡上してきました。
起点は東中野。しかし、桜でも咲いてないと
和田掘公園あたりまではほとんど見所ありません。
たまに軒先にこんな綺麗な花が植えてあることはあっても
ほんの一軒か二軒くらいでした。

125-2552_IMG.jpg

125-2551_IMG.jpg

まあ、面白いといえばすごく古い家の庭から
トンネルのように生い茂ってる木とか

125-2561_IMG.jpg

川に倒れるようにして生えている桜の大木とか。
(庭のフェンスを突き抜けて、鎖で支えてありました。)

125-2564_IMG.jpg


桜が咲けばどの部分でも散歩するには綺麗だと思いますが
それ以外の時期でのんびり歩くとなると
やはり和田掘公園付近か井の頭公園付近がいいでしょうね。




追記:和田掘公園は善福寺川沿いでした。
   途中で神田川と合流してるので、そこで善福寺川方面へ道
   を間違えたみたいです。(4/11)

ちょっと一休み


121-2184_IMG.jpg

きのうの写真が重量感たっぷりだったので、
今日はほっとする一枚を。

古代の神殿?


main1[1].jpg


126OLYMP-P3080214_P3080214.jpg

と、思わせる建物。
夜間ライトアップされるとその異様さが際立ってます。

uma.jpg


聖徳記念絵画館

竣工 : 1926年(大正15年)
設計 : 小林正紹、佐野利器、小林政一
3月22日(火)より4月14日(木)まで改修の為、
閉館するとの事なので、ライトアップもその間は
中止してるかもしれません。



鳩山会館


main071.jpg

鳩山会館
設計:岡田信一郎
竣工:1924年(大正13年)
(地下鉄有楽町線江戸川橋駅下車徒歩7分)

ここは入り口から屋敷まで上るのが大変。
金持ちはやたら高いところに家を建てたがる。
どこでも車で移動するから
坂道なんて苦にもならないのだろう。
と、文句を言いつつも到着。
現在は資料館のようになっているので、
500円なりを払って、入館。

126OLYMP-P3050085_P3050085s.jpg


126OLYMP-P3050062_P3050062s.jpg


外観、内部共にほとんど洋風ですが、
所々に和の趣があります。和室があったりとか。
ステンドグラスがアクセントになって、
華やかさを増してるようでした。

126OLYMP-P3050056_P3050056s.jpg


126OLYMP-P3050072_P3050072s.jpg

旧小笠原邸


126OLYMP-P3080180_P3080180.jpg

設計:曽禰中條建築事務所
昭和2年竣工

抜弁天からちょっと行くと旧小笠原邸があります。
地下鉄で行っても大江戸線若松河田駅出てすぐの所です。
80年程経っているにしては、普通におしゃれな
レストランという感じです。
(かなり修復はされているでしょうけど)

125-2534_IMGs.jpg


125-2541_IMGs.jpg



敷地内がとてもオープンな感じだったので、
庭のほうへ勝手に入ってパシャパシャやってましたら、
従業員さんに丁寧に注意されてしまいました。
中庭のほうはレストラン利用者のみ入場可との事。
ごめんなさい。

125-2525_IMGs.jpg

125-2527_IMGs.jpg


次回はコーヒーでも飲みに行って、内部までじっくり
見させてもらいます。


リトルドラゴン


125-2522_IMG.jpg

厳島神社(抜弁天)

思わずかわいい(?)と思ってしまいました。
顔はごついけど小さいんです。
ちゃんとしたいわれのある神社なのに
こんなフィギアみたいな像があるのがなんともいいです。
普通はししとか狐とかでしょ。
いつの時代のものなんでしょう。

この神社自体は古くて
源義家が後三年の役(1083年)で奥州に向かう途中
ここに立ち寄り厳嶋神社を祀って戦勝を祈願し、
勝利の後お礼に社を建てたと伝えられています。
境内が南北に通り抜けでき、また義家が苦難を切り抜けた
弁天様であることから「抜弁天」とも呼ばれています。

この付近(大久保)には徳川綱吉の時代に野良犬の収容のため
2万5千坪の犬小屋があったらしいです。

スコットホール


isu.jpg

スコットホール(早稲田奉仕園)
竣工:1921年(大正10年)
設計:ウィリアム・メレル・ヴォーリズ


126OLYMP-P3050005_P3050005s.jpg


126OLYMP-P3050009_P3050009s.jpg


早稲田奉仕園は地下鉄東西線早稲田駅から5分程の所にあります。
この建物はスコット婦人という方からの寄付で出来た、
当時は学生センターとして建てられたものです。
全体がレンガで出来ており現在の建築基準法ではレンガのみによって
新築することができないため、貴重な存在になっています。

写真ではその色がちゃんと出なかったんですが、
この建物を見たときその赤茶けたレンガ色がとてもよくて、
写真よりもスケッチしたいなあと思ってしまう程でした。

126OLYMP-P3050021_P3050021s.jpg


126OLYMP-P3050016_P3050016s.jpg



内部には国際ボランティアグループの
シャプラニールの事務所があったり、何かの教室(たぶん語学教室)が
あったりで、人の出入りが結構ありました。
その中に教会もあったんですが、人もいなかったし
こっそり入っちゃいました。
こじんまりとしてて、温かみのある場所です。
結婚式場としても使われているみたいです。

126OLYMP-P3050026_P3050026s.jpg


126OLYMP-P3050025_P3050025s.jpg


一眼デジカメ


P3020045.jpg

散々迷った挙句とうとう買ってしまいました。
一眼レフデジカメ。
で何を買ったかというとやっぱりE-300です。
ニコンやキヤノンも候補に入ってたんですが、
いいなと思う写真撮ってるブロガーの方がE-300だったり、
みんな持ってるもを買うのも面白くないしと、
少々ひねくれてますので、これにしました。

でも、まだ使い切れてません。
これから数こなしながら慣れていきます。
ブログに載せて人様にお見せできるのはまだ先かも。

東京カテドラル


124-2486_IMG.jpg


設計:丹下健三
1964年竣工



椿山荘から屋根部分が見えたとき
あれはいったい何?????
と興味深々で行ってみたら教会でした。
キリスト教徒ではないので、もちろん教会なんて
あんまり縁がないんですがこの教会には感動しました。
内部の写真は禁止と書いてあったので残念ながら
撮れませんでしたが、その奇抜な外観とはまったく違い、
厳粛な雰囲気があり気持ちが引き締まると同時に
別世界にいるようでした。
丹下健三は同じ年に代々木体育館も作ってます。
どこかやっぱり似ている感じがします。


この教会の敷地内には見た目昔ながらの建物もあります。
(古いのか戦後建て直されたのかわかりません。)
これは教区本部の事務所になっている建物です。


124-2488_IMGs.jpg

椿山荘裏

移動ルート : 箱根山-早稲田大学-椿山荘/新江戸川公園-

nami.jpg

どこか地方の城下町の街並みのよう。
こんな景色が東京にあるのに驚きました。
ここは神田川沿い、椿山荘の裏手に当たります。
神田川沿いは結構桜が植えられているので、
たぶんこの辺も桜が沢山咲き、花見しながらの
散歩にはベストな場所じゃないでしょうか。

ちょうどお腹も減ってきたので、
恐る恐る椿山荘の中の蕎麦屋に
お邪魔しましたが、意外に手頃でした。
ざるそばが880円でした。
天ぷらそばなどは17~1800円くらい。
このお蕎麦屋さんもいい感じのところにありました。

124-2477_IMGs.jpg

124-2483_IMGs.jpg

近くには芭蕉庵新江戸川公園もあり、
本当に散策するにはもってこいの場所です。

yanes.jpg


niwas.jpg


 | HOME | 

Monthly Archives


他にも写真系ブログが沢山ある
『人気blogランキング』
に参加してます。
banner[2].gif

にほんブログ村 写真ブログ

Categories Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

tokyokaiyu

tokyokaiyu

東京の古いところ、新しいところを
写真にとっておきたい。
チャリで動き回ってます。
by don




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。