東京回遊録

2005-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由学園明日館 室内

自由学園明日館
豊島区西池袋2-31-3

明日館

前回外観しか見れなかった明日館の室内公開日に行ってきました。
土日はほとんど結婚式などの行事が入っていて見学不可なので、
どうしても平日の夜間になってしまい、仕事の関係でなかなかいけなかったんですが、
なんとか仕事を早めに切り上げて行ってきました。



明日館

あまり大きくない建物なので、部屋数も少なくそれぞれの部屋も
広くないんですが、天井が高く狭さを感じさせません。
幾何学的なデザインがいかにもライト建築という感じでした。


明日館

でも出来上がりを見たライトは子供たちにはこの天井はちょっと高すぎるといって
中央にあるような照明に変更したとのことです。
そんな所にもちゃんと配慮しているとは感心しました。
大人にとっても気持ちのいい高さと明るさになってます。


明日館

館内ツアーがあり明日館の建築の詳細や歴史などを聞くことができます。


明日館

この絵は旧約聖書をもとに生徒によって描かれ、戦時中に絵を隠すために
厚く塗りこめられてしまってその存在が消し去られていたんですが、
1999年の修復作業の時に壁の下に絵があることが発見されたそうです。



人気blogランキングへ


スポンサーサイト

江戸天下祭

江戸天下祭
千代田区日比谷公園-皇居

江戸天下祭

江戸時代、数ある祭の中で江戸城内に入ることが許されたのは神田神社の
「神田祭」と日枝神社の「山王祭」の祭礼行列で、
それを将軍も見物したことから「天下祭」と呼ばれたそうです。
明治時代になり中断していた天下祭は江戸開府400周年にあたる平成15年より復活し、
地方に散らばっていた山車も東京に里帰りし当時の姿を再現した盛大な祭になっています。

江戸天下祭

その天下祭のメーンイベントである山車神輿巡行を見に行ってきましたが、
行列している人数も多かったですが、見物人もかなりいました。
日比谷公園に展示してあった見事な飾りの山車も動くようになってるのには驚きました。


江戸天下祭

この行列は日比谷公園から皇居までの1.5kmのコースになっており、
神輿9基、山車12基が登場、すべて出発するまでに2時間はかかるそうです。
なので全部見るのはあきらめました。というか30分くらい見物して
あとは公園内の出店で焼きそばを買ってミニライブを見てたんですけどね。



江戸天下祭


江戸天下祭

ただ、昔ながらの祭にしては復活してから日が浅いせいか
ちょっと物足りなさを感じました。



人気blogランキングへ



 | HOME | 

Monthly Archives


他にも写真系ブログが沢山ある
『人気blogランキング』
に参加してます。
banner[2].gif

にほんブログ村 写真ブログ

Categories Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

tokyokaiyu

tokyokaiyu

東京の古いところ、新しいところを
写真にとっておきたい。
チャリで動き回ってます。
by don

FC2Ad




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。