FC2ブログ

東京回遊録

2006-04

蘆花恒春園

世田谷区粕谷1

蘆花恒春園

東京でもちょっとマイナーな芦花公園の一角に小説家徳富蘆花の旧宅があります。
公園の一角といってもこの旧宅ありきで、蘆花の死後、夫人から東京市に
寄付された宅地の周りを買収整備して広々とした公園として開園しています。
今では回りは住宅街ですが当時(明治40年頃)はまだまだ武蔵野の森が残り
何もなかった場所でこんな藁葺き屋根の家がピッタリの場所だったんだろうと思います。
小説家でありながら自らを「美的百姓」と称して晴耕雨読の生活を送っていたようで
贅沢な暮らしではないけれどちょっと憧れる暮らし方です。



蘆花恒春園

部屋の中は明治の人ってこんなに背が小さかったのだろうかというくらい
天井が低かったですね。現在の地方の古い農家でもこれほど天井は低くはないでしょう。
歩くたびに床がみしみしいってます。
でもそんな所が味わいあっていい感じでした。


蘆花恒春園






蘆花恒春園






蘆花恒春園

懐かしいゴエンモン風呂!
といっても、これまで一度しか入ったことありませんが。
今の若い人たちは見たこともないかもしれませんね。


スポンサーサイト



 | HOME | 

Monthly Archives


他にも写真系ブログが沢山ある
『人気blogランキング』
に参加してます。
banner[2].gif

にほんブログ村 写真ブログ

Categories Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

tokyokaiyu

tokyokaiyu

東京の古いところ、新しいところを
写真にとっておきたい。
チャリで動き回ってます。
by don