東京回遊録

2006-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧竹田宮邸 2

港区高輪3-13-1 高輪プリンスホテル内

旧竹田宮邸

雨宿りをしてしばらく待っていると雨が上ったので
建物の裏側に回ってみました。
特に裏庭が広いわけでもないんですが
さえぎるものもなく
また、邸宅の壁が明るく淡い色合いなため、
すごく開放感がありました。
結婚式場としても使われているようです。




旧竹田宮邸

邸宅の前にあるプールの中央に作られたバージンロード。
天気のいい日にここで結婚式を挙げるのは気持ちよさそう。




旧竹田宮邸







旧竹田宮邸







旧竹田宮邸

竹田宮の別邸が横須賀にあるということなので調べてみたら
TV「なんでも鑑定団」でおなじみのおもちゃコレクター北原照久氏
現在所有してお住まいになってるんですね。



スポンサーサイト

旧竹田宮邸

港区高輪3-13-1 高輪プリンスホテル内

旧竹田宮邸

竣工:1911年(明治44年)
設計:片山東熊(表慶館赤坂離宮)、木子幸三郎

あいにく天気が悪かったのですが
高輪プリンスホテルにある旧竹田宮邸を見てきました。
宮廷建築家の片山東熊の作ではありますが
こじんまりとして他の代表作のような絢爛豪華さは
あまり感じられませんでした。
まあ、邸宅として作られているので
大げさに作る必要もなかったのかもしれませんが。




旧竹田宮邸

現在はプリンスホテルの貴賓館として使用されていますが
西武グループの創立者、堤康次郎氏は
戦後困窮していた宮家の土地をかなり買い占めたんだそうです。
赤坂プリンスや横浜プリンスにも旧宮家邸が残っているみたいです。
機会があればそちらの方もぜひ見に行きたいものです。
現在東京都庭園美術館になっている旧朝香宮邸
一時西武に買い取られていたと知ってびっくりしました。




旧竹田宮邸







旧竹田宮邸

いかにも邸宅って感じの雰囲気がしますね。





旧竹田宮邸

途中雨が降ってきたので
しばらくここで雨宿りをさせていただきました。
中には入れなかったけれど少しは住んでた人の
気持ちになれたかも?





山本有三記念館

東京都三鷹市下連雀2-12-27
山本有三記念館

1PB034103.jpg

竣工:1926年(大正15年)
設計者:不明

山本有三記念館は去年も行ったのですが
井の頭自然文化園から歩いていける所なのでまた行ってみました。
シーズン毎に何か企画展とかやってるわけでもないので
いつ行っても変わりはないのですが
この落ち着いた佇まいやレンガ模様の美しさはいつみてもいいです。



2PB034109.jpg







3PB034111.jpg







4PB034127.jpg

吉祥寺という町はお洒落なレストランや洋服屋、デパート等があって
かなり賑わってる所ですが
井の頭公園や自然文化園、そしてこういった建物が
近くに残っているというのは
住むにもとっても素敵な場所なんだと思います。
東京で住みたい場所ベスト5とかによく選ばれるのも
わかる気がします。





井の頭自然文化園 彫刻園


1PB034085.jpg

井の頭自然文化園は子供向けばかりではありません。
なんとこんな所で長崎の平和公園にある平和祈念像に
出会えるとは思いもしませんでした。
上の写真は撮影禁止だったので
彫刻館の外から少し見えるところを撮ったものです。
長崎にある実物はこちら  →  平和祈念像

多くの人がどこかで一度くらいは目にしたことがあると思います。
私も中学の修学旅行で見た以来。
巨大な祈念像の前でしばらく立ちすくみました。




2PB034091.jpg

加藤清正像

作者は北村西望という長崎県出身の彫刻界の巨匠だそうです。
その彫刻家の作品がこの彫刻園の中に数多く展示してありました。
室内だけでなく屋外にも。





3PB034074.jpg

筋肉描写が素晴らしくてまるで本物の人間ような感じです。




4PB034087.jpg

この鬼のような像は愛嬌がありました。



5PB034067.jpg

この像は祈念像の次に大きくて(3メートル位)
結構存在感ありました。
こういった物がそこらじゅうに
手で触れるような感じでいくつも展示してあるんで
この自然文化園という所、
決して侮れない場所だと認識しなおしました。





井の頭自然文化園

東京都武蔵野市御殿山1-17-6

1PB034049.jpg

東京で動物園といえば上野動物園か多摩動物園が有名ですが
こんな所に侮れない動物園がありました。
吉祥寺という若者が集まる繁華街のすぐそば、
井の頭公園の隣、というより井の頭公園の一部のような場所に
この動物園はあります。
文化園と命名してあり、動物園ぽくないけれど、
ここに動物がいるのは学生の頃から知っていましたが、
子供だましのちゃちな物だろうと思って
一度も入ったことがなかったのですが、
初めて入ってみたら、なかなかどうして結構充実してて驚きでした。
確かにライオンやトラ、キリン、カバといった
定番の大型動物はいませんが
それなりに数が集まってて、
とにかく身近に動物を感じることができる雰囲気がありました。

それと小学生の頃本か何かのお話をどこかで聞いた事のある
「ぞうのはなこ」がここにいたのは感動でした。
戦後はじめて日本に来たゾウでもう60歳近いそうです。




2PB034053.jpg

熱帯植物館の中は熱帯地方の鳥が放し飼いになってます。




3PB034059.jpg

こちらもリス園の中にリスが放し飼いになっていて
その中に人も自由に入っていけます。
他にもモルモットを子供達が抱っこできるコーナーがあったり、
子供達が気軽に動物と触れ合う場所がこんな身近にあるなんていいですね。








立教女学院 講堂


1PB034012.jpg

円形になっている芝生を挟んで
聖マーガレット礼拝堂の正面に講堂があります。
こちらは1930年(昭和5年)の建築。
この芝生の周りには同じく1930年築の女子高校の校舎もあり
ここだけ時代が逆戻りしいる感じでした。



2PB034008.jpg

講堂正面




3PB034038.jpg

講堂の中ではブラスバンドの演奏がもうすぐ始まりそうでしたが、
時間がなかったので写真を撮っただけで退室。
中央に十字架の模様があるのは
やはりキリスト教系の学校ならではですね。




4PB034024.jpg

女子高校舎の正面




立教女学院聖マーガレット礼拝堂

杉並区久我山4-29-60


聖マーガレット礼拝堂
竣工:1932年(昭和7年)
設計:J.V.W.バーガミニー (聖路加国際病院

この建物も女子大の中にあります。
なので今回も学園祭開催中に撮影に行ってきました。
礼拝堂のある場所は学園祭のメイン会場と離れていたので
人影も少なく写真を撮るには邪魔も入らずラッキーでした。

立教女学院は1887年(明治20年)に米国聖公会の宣教師
ウィリアムズによって文京区湯島に設立されました。
その後築地に移りましたが関東大震災で校舎消失のため
1924年(大正13年)に現在の久我山に移転しています。



聖マーガレット礼拝堂

礼拝堂は、古典的なロマネスク様式になっています。
半円形アーチの入り口が特徴ですね。





聖マーガレット礼拝堂






聖マーガレット礼拝堂

礼拝堂の中ではちょうど学生さん達のベルの演奏が始まってました。
大盛況で美しい調べを聴けたのはいいんですが
室内を気ままに堪能することができなかったのがちょっと残念。





聖マーガレット礼拝堂




旧島津公爵邸 室内


1PB044186.jpg

室内も自由に見学できました。
それも時間制限なくです。
ここは玄関入ってすぐのロビー、赤絨毯がひかれてあって豪華です。
他の部屋も調度品は新しく揃えたのかもしれませんが
昔の上流階級の人達の生活がなんとなく想像できます。




2PB044193.jpg






3PB044230.jpg

いくつかの部屋はセミナー室と言うか会議室として
使われているみたいで
こんな場所で学んでいる学生さん達はうらやましい限りです。




4PB044214.jpg







5PB044225.jpg






旧島津公爵邸

品川区東五反田3-16-21 清泉女子大学本館

旧島津公爵邸

竣工:1917年(大正6年)
設計:ジョサイア・コンドル (旧岩崎邸旧古河邸ニコライ堂

昔、島津家の邸宅だったこの建物、
今は女子大の本館になってるんですね。
ということは、一般人、特に男は簡単に入れない場所なんです。
見学日というのがあって(→ こちら
予約をすれば入れない訳じゃないんですが、
予約するのが面倒なのでずっと行けずにいました。
でも、ラッキーなことにこの時期は大学の学園祭の季節なんです。
女子大と言えども学園祭開催中は誰でも入れるわけです。
そんな訳で早速行ってきました。




旧島津公爵邸

明治末期から大正にかけて建てられたものですが、
立派に残ってます。
戦災も逃れて、しばらくはGHQの管理下におかれていたようです。
現在残っているコンドル氏の建物って様々な様式を使っており
一貫性がないように見えるんですが、
その中ではこれが一番洋館らしいかなと思える建物でした。



旧島津公爵邸






旧島津公爵邸

邸宅の前の広々とした庭の真ん中に大きなフウ(楓)の木があり、
(樹齢約200年)
この木が紅葉する頃はさぞかし綺麗な光景だろうなと思われました。
ただ残念ながら多分その頃は見学日の設定がなかったような。



旧島津公爵邸

邸宅正面

庭側からの眺めは昔ながらの雰囲気があって素晴らしいんですが
正面から見ると周りがアスファルトで固められていて
建物の雰囲気が台無しです。
駐車スペースに当てられてるんですが、
せめて回りだけでも土のままとか
芝生にするとかしてもらいたいものです。



旧古河庭園


1PB033942.jpg

日本庭園の方はほんの少しだけ赤くなっていましたが、
本格的な紅葉はまだ先のようです。





2PB033914.jpg







3PB033929.jpg





旧古河庭園 秋のバラフェスティバル


1PB033897.jpg

旧古河庭園のバラは満開でした。
バラフェスティバル中なので込む時間を避け、開園早々の時間に行ってきました。
朝は人も少なく空気もよくて、言うことなし。
こういう場所は早めに来るに限りますね。




2PB033895.jpg






3PB033894.jpg






4PB033900.jpg






5PB033918.jpg




 | HOME | 

Monthly Archives


他にも写真系ブログが沢山ある
『人気blogランキング』
に参加してます。
banner[2].gif

にほんブログ村 写真ブログ

Categories Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

tokyokaiyu

tokyokaiyu

東京の古いところ、新しいところを
写真にとっておきたい。
チャリで動き回ってます。
by don




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。