東京回遊録

2006-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧島津公爵邸

品川区東五反田3-16-21 清泉女子大学本館

旧島津公爵邸

竣工:1917年(大正6年)
設計:ジョサイア・コンドル (旧岩崎邸旧古河邸ニコライ堂

昔、島津家の邸宅だったこの建物、
今は女子大の本館になってるんですね。
ということは、一般人、特に男は簡単に入れない場所なんです。
見学日というのがあって(→ こちら
予約をすれば入れない訳じゃないんですが、
予約するのが面倒なのでずっと行けずにいました。
でも、ラッキーなことにこの時期は大学の学園祭の季節なんです。
女子大と言えども学園祭開催中は誰でも入れるわけです。
そんな訳で早速行ってきました。




旧島津公爵邸

明治末期から大正にかけて建てられたものですが、
立派に残ってます。
戦災も逃れて、しばらくはGHQの管理下におかれていたようです。
現在残っているコンドル氏の建物って様々な様式を使っており
一貫性がないように見えるんですが、
その中ではこれが一番洋館らしいかなと思える建物でした。



旧島津公爵邸






旧島津公爵邸

邸宅の前の広々とした庭の真ん中に大きなフウ(楓)の木があり、
(樹齢約200年)
この木が紅葉する頃はさぞかし綺麗な光景だろうなと思われました。
ただ残念ながら多分その頃は見学日の設定がなかったような。



旧島津公爵邸

邸宅正面

庭側からの眺めは昔ながらの雰囲気があって素晴らしいんですが
正面から見ると周りがアスファルトで固められていて
建物の雰囲気が台無しです。
駐車スペースに当てられてるんですが、
せめて回りだけでも土のままとか
芝生にするとかしてもらいたいものです。



スポンサーサイト

 | HOME | 

Monthly Archives


他にも写真系ブログが沢山ある
『人気blogランキング』
に参加してます。
banner[2].gif

にほんブログ村 写真ブログ

Categories Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

tokyokaiyu

tokyokaiyu

東京の古いところ、新しいところを
写真にとっておきたい。
チャリで動き回ってます。
by don

FC2Ad




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。