東京回遊録

2008-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和田掘給水所

世田谷区大原2-30-43

P4292645.jpg

一号配水池:昭和9年(1934年)
二号配水池:大正13年(1924年)

この施設、普段は立ち入り禁止なんですが
偶然通りかかったら年に二度ある一般公開日だったらしく、
運良く入ることができました。
公開日は桜とつつじの時期、10日間くらいだそうで
今年は5月6日までのお披露目。



P4292634.jpg

一号配水池は堅牢なコンクリート造で
どこか古代遺跡建造物風。







P4292630.jpg








P4292694.jpg

二号配水池はこんもりと土手風になってて一号配水池とは対照的。
ここのつつじは一般公開するだけあって
とても立派で綺麗でした。
これほど大きくてしっかり花のついたつつじは
なかなか他ではお目にかかれないような。
地元の人たちなのか
お花見をしている人たちもいたので
結構穴場かもしれません。




P4292643.jpg



banner[2].gif



スポンサーサイト

中野パゴタ 慈眼寺

中野区中央3-33-3

DSC00305.jpg

都内にあるパゴタ(仏舎利塔)は
上野のもの(→こちら)だけかと思ってましたが
なんと近所にあることを発見。
こちらの住職がタイで修業した関係で
ここに建てられたとか。




DSC00309.jpg

境内の奥の方に鎮座しているので
通りからはほとんど見えません。
何十回となくこのお寺の前を行き来していたのに
今日まで全く気づかずにいました。





DSC00303.jpg

パゴダの中はタイ人にしか
公開してないそうですが
ガラス越しに撮影。







DSC00315.jpg

屋根がタイ風です。







DSC00311.jpg




banner[2].gif





薬王院 ボタン


P4202568.jpg









P4202574.jpg

ふと思い出して
薬王院へ久しぶりに行ってみました。
なんとかボタンの時期に間に合ったみたいで
大ぶりの見事な花に今年も出会うことができました。
去年はじめて見るまでは
何度も空振りでしたから...。

去年より花の数はちょっと少なく感じましたが
花は文句なく綺麗です。







P4202566.jpg









P4202564.jpg

今週末までが見頃でしょうか。
時期を過ぎるとすぐに花の部分は
切り取られるみたいなので
ちょっとタイミングを逃すと、ほんとにがっかりします。





banner[2].gif



ルルドの泉 東京カテドラル

文京区 関口3丁目


p221.jpg
東京カテドラルの裏側というか駐車場の端っこの方に
ルルドの泉というものがあります。
まあ、本物ではないのですが。




15.jpg

本物はフランス南西部、ピレネー山脈の奥地にある
ルルドという町にあるそうで、
不治の病が治るという霊泉がわきでている洞窟のこと。
本当かどうか信じるのは人それぞれですが
毎年500万人(?)もの人が訪れているそうです。
ただの観光客も含まれてるんでしょうけど。




16.jpg

この泉には多量の有機ゲルマニウムが
含まれているらしいので
なにかしらの効用はあるんでしょうけど
それを昔の人は奇跡と思い込んだのか。




17.jpg

ここには本物と違って
何万人も人が訪れないので
そんな洞窟をゆっくり見ることができます。




 | HOME | 

Monthly Archives


他にも写真系ブログが沢山ある
『人気blogランキング』
に参加してます。
banner[2].gif

にほんブログ村 写真ブログ

Categories Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

tokyokaiyu

tokyokaiyu

東京の古いところ、新しいところを
写真にとっておきたい。
チャリで動き回ってます。
by don




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。