東京回遊録

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙法寺 鉄門

妙法寺鉄門
杉並区堀ノ内

妙法寺鉄門

竣工:1878年(明治11年)
設計:ジョサイアコンドル

ただの門に見えますが国の重要文化財に指定されています。
設計は鹿鳴館や旧岩崎邸等の明治の代表的な洋館を造ったジョサイアコンドル氏です。
そんなコンドル氏がなぜ日本のお寺の門を作ったのか不思議です。
それも彼が来日(明治10年)してすぐに作ってます。
当時の住職が依頼したとの事ですが、どうやって知り合ったんでしょう?
都心ではなく杉並区っていうのも、どうして?って感じです。

妙法寺鉄門

来日早々の外国人がこんなものまで作ったなんて。
ちょっとインド風なところもありますが、かなりアジアに詳しかったんだと思われます。


妙法寺鉄門


妙法寺鉄門

もともと日本文化に興味があったコンドル氏は、
後々、日本の有名な画家の所に弟子入りしています。
それほど日本文化が好きだったということは
来日したての頃はうれしくてたまらなかったことでしょう。
そんな時こういった日本的な物の設計依頼を受けたので、
すぐ飛びついたのかもしれないですね。



人気blogランキングへ




スポンサーサイト

コメント

エキゾチックですね。
かっこいいです。
色がちゃんと残っているんですね。

>blespaさん
色はたしかに鮮やかでした。
多分何度か塗り替えたんじゃないでしょうか。
130年近く経ってますしね。

近場に住んでいて..やっと見てきました..
確かに、謎の多い鉄門ですね..
しかし、こうやってコンドル博士が身近にある
素晴らしいことです..
桑名まで行かなくても見れますから..(微笑)

>humsumさん

コンドル先生ファンのhumsumさんの事ですから
もうずっと前に行かれてると思ってました。
身近にありすぎてなんだか人々から
素通りされているみたいな感じもちょっとしました。
こんな歴史的な物が直ぐ近くにあるのに
もったいないですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyokaiyu.blog5.fc2.com/tb.php/130-23fcce0f

 | HOME | 

Monthly Archives


他にも写真系ブログが沢山ある
『人気blogランキング』
に参加してます。
banner[2].gif

にほんブログ村 写真ブログ

Categories Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

tokyokaiyu

tokyokaiyu

東京の古いところ、新しいところを
写真にとっておきたい。
チャリで動き回ってます。
by don

FC2Ad




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。