東京回遊録

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

築地本願寺

築地本願寺
中央区築地3-15-1

築地本願寺

竣工:1934年(昭和9年)
設計:伊東忠太


築地本願寺

宮殿のようにも見えますがれっきとしたお寺です。
お寺というよりインド仏教寺院と言った方がピッタリの外観ですが。
正式には「浄土真宗本願寺派本願寺築地別院」といい、
京都の西本願寺を本山とする浄土真宗の関東の別院になります。
創建当時はいわゆる寺社建築だったみたいですが、関東大震災で崩壊した後、
伊藤忠太によって現在ある建物が再建されました。


築地本願寺

明治大正の時代ってほとんど洋風建築がもてはやされていたのに
なんでこんなデザインに?
色々調べると伊藤忠太という建築家は東京大学の教授にもなった偉い人なんですが、
化け物や妖怪が好きだったらしく建築物もちょっと変わったものが多かったようです。


築地本願寺




人気blogランキングへ




スポンサーサイト

コメント

本願寺というと

すぐに京都を連想しちゃったりしますが
なんともはや、異なる趣ですね。
なぜか、どきどきします(笑)
建築家ご本人の好みが、こんなにも反映されるものなのですね。
驚きました。

>blespaさん

どきどきするっていうのわかります。
ちょっとblespaさんとは意味が違うかもしれませんが。
最後の写真の羽根の生えた獅子なんか
後ろの建物とあいまって映画「エクソシスト」を
思い出しましたから。
ちょっと変かも.....。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyokaiyu.blog5.fc2.com/tb.php/196-510a5c12

 | HOME | 

Monthly Archives


他にも写真系ブログが沢山ある
『人気blogランキング』
に参加してます。
banner[2].gif

にほんブログ村 写真ブログ

Categories Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

tokyokaiyu

tokyokaiyu

東京の古いところ、新しいところを
写真にとっておきたい。
チャリで動き回ってます。
by don

FC2Ad




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。