東京回遊録

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

築地本願寺 室内


P19166575.jpg

室内は日本のお寺と同じでなんだかちょっとほっとしました。
天井が高く広々した空間で落ち着きます。
作り付けの椅子が並んでいるのはめずらしいですね。


P29166582.jpg

そしてお寺なのになぜかパイプオルガンがあります。
お経をパイプオルガンの伴奏で読むのでしょうか???
それはそれで斬新かもしれないですが。

P39166585.jpg

こちらも寺には珍しいステンドグラスです。
でも決して合ってないわけではなく、絵も形も蓮の花をモチーフにしているみたいで、
うまい具合に溶け込んでます。


P49166589.jpg

階段下のサルの彫刻。所々に伊藤忠太氏得意の動物達が隠れてます。


P69166590.jpg

何かのお祭に使われたのか白い像の張りぼてが踊り場に置いてありました。
象はもっとも仏教に縁の深い動物で、仏教を外護する動物として敬われていたそうです。
それにしても青い眉毛がかわいいです。



人気blogランキングへ



スポンサーサイト

コメント

早速遊びに来ちゃいました_(._.)_
お寺なのにパイプオルガンにステンドクラス
なんだか不思議~~^^
像の眉毛はいたずら書きじゃないのですよね?
何か意味があってのことなんでしょうね?

>きららおばさん

いらっしゃいませ~。
和洋折衷もここまで来ると...ッて感じです。
パイプオルガンのあの音色は
お寺に合うのかちょっと聴いてみたいですね。
いたづら書きといえば昔は眉毛を書かれた犬とかいましたよね。

外もすごいけど、中もすごいというか、素晴らしいですね。
ステンドグラスまであるなんて。教会ではないのに。でも不思議とあっているから不思議です。椅子があるのも教会みたいです。
これ全部手持ちなんでしょう?きれいに撮れていますね。

>dabadabaxさん
移動しながらの撮影が多く邪魔なので、
三脚はほとんど持ち歩いてません。
使うのは夜間の撮影の時だけです。
昼間でも室内とか暗い所の撮影は失敗作だらけ.....。
その中からまともなのを選んでるんです。
でも最近少しずつこつがわかってきたような感じです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyokaiyu.blog5.fc2.com/tb.php/197-4dd18a6a

 | HOME | 

Monthly Archives


他にも写真系ブログが沢山ある
『人気blogランキング』
に参加してます。
banner[2].gif

にほんブログ村 写真ブログ

Categories Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

tokyokaiyu

tokyokaiyu

東京の古いところ、新しいところを
写真にとっておきたい。
チャリで動き回ってます。
by don

FC2Ad




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。