東京回遊録

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧新橋停車場

港区東新橋1-5-3

旧新橋停車場

竣工:1872年(明治5年)
設計:R.P.プリジェンス

1872年(明治5年)に開業した旧新橋停車場の駅舎です。
といっても当時の建物をそのままに2003年に復元したものですが。
当時の駅舎を忠実に再現したにしてはとてもお洒落な建物です。
大正時代にできた東京駅とはかなり趣が異なりますね。
この頃はまだドイツ建築にあまり傾倒していなかったんでしょうか。
設計はプリジェンスというアメリカ人ですが
明治建築というとドイツかイギリスという印象があるだけに驚きでした。
この駅舎以外にも横浜駅も設計しています。
また1868年に日本初のホテルである「築地ホテル」を作ってます。
このホテルはできて4年足らずで消失してしまって幻のホテルと言われているそうですが、
当時の絵や写真を見るとかなり面白い和洋折衷の建物になってます。
なんだか外国人がへんてこりんな建物作ったもんだなあとあきれるというか感心しました。



旧新橋停車場





旧新橋停車場

駅舎の裏側には25メートル程のプラットフォームも再現してあります。
実はずっとイベント用のステージだと思ってました。
脇にはちゃんと線路まで敷いてありました。




旧新橋停車場




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyokaiyu.blog5.fc2.com/tb.php/294-b05581a1

旧新橋停車場駅舎

汐留シオサイトに旧新橋駅が一部復元されています.

 | HOME | 

Monthly Archives


他にも写真系ブログが沢山ある
『人気blogランキング』
に参加してます。
banner[2].gif

にほんブログ村 写真ブログ

Categories Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

tokyokaiyu

tokyokaiyu

東京の古いところ、新しいところを
写真にとっておきたい。
チャリで動き回ってます。
by don

FC2Ad




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。