東京回遊録

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迎賓館 (赤坂離宮)


迎賓館

竣工:1909年(明治42年)
設計:片山東熊表慶館

大げさに言ってしまうとイギリスのバッキンガム宮殿のよう。
日本人でもこれだけのものを作ることができたんですね。
すばらしい!の一言。
こうして見ることができるなんて、無くなってしまった建物が多い中
震災や戦禍にも負けずよくぞ残ってくれたと感謝です。
こうなるとどうしても室内も見たくなります。
でも、国の迎賓館のため外国の国賓の方々しか入れないので当然立ち入り禁止。
しかーし、年に一度見学ができる期間があったんです。「あった」んです、去年まで。
今年から平成20年まで修復のため見学が中止になってしまいました!
あ~早めに見ておけばよかった。




迎賓館


裏側にある庭も素晴らしいです。(こちら側からは見えませんが。)
他人様のサイトですが見学された方が写真を紹介していますのでそちらを見てください。

→  裏庭

室内の写真は公式ホームページにいくつか紹介されてますのでそちらで堪能してください。
見学ができても室内の撮影は禁止らしいのでこれ以外の写真は見つかりませんでした。

→  室内






迎賓館




迎賓館





スポンサーサイト

コメント

コンニチワ

迎賓館、スバラシイですね☆
ボクも一度門の外から見たことがありますが、日本人作成とは
信じられないほど、ビックリする広大な土地と優雅さですよね.
donさんの写真、いつもステキなんですが、今回の1枚目も
相当好きです☆ホント日本じゃないみたいですね.
車の停まり具合も含めて英国紳士淑女の匂いがします 笑
明治生命館の様に一度でいいから中へ入ってみたいと思っていたら、
なんと入れるんですか??やったー早速申し込まなきゃ!
と思ったのも束の間、現在はダメなんですね.
donさん同様ガックリでした.

私も後になって見学があったのを知りました。
贅を凝らした内部を見てみたいですよね。外から見てもこれだけ素敵なんですから。

>redarpelsさん
迎賓館の前はよくタクシーが止まっていて
中から観光客らしき人が降りてきて迎賓館を見て
また走り去っていくという光景が良く見られます。
タクシーで観光地巡りをしている人がいるんですよね。
贅沢というかかっこいいというか。
お金さえ気にしなければ効率的に回れるし
楽な方法かもしれませんけどね。

>dabadabaxさん
去年、修復前の公開が最後ということで
ぜひ見たくて見学の申し込みをしたんですが
はずれてがっかりでした。
あと二年も待たされると思うとため息が出ますし、
ましてや見学の抽選に当たるかどうかもわかりませんが、
どれだけ待っても一度は見てみたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyokaiyu.blog5.fc2.com/tb.php/306-ce86bcbb

 | HOME | 

Monthly Archives


他にも写真系ブログが沢山ある
『人気blogランキング』
に参加してます。
banner[2].gif

にほんブログ村 写真ブログ

Categories Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

tokyokaiyu

tokyokaiyu

東京の古いところ、新しいところを
写真にとっておきたい。
チャリで動き回ってます。
by don

FC2Ad




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。