東京回遊録

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑司が谷旧宣教師館


P4160267.jpg


P4160318.jpg

竣工:1907年(明治40年)
設計:ジョン・ムーディ・マッケーレブ


1892年に布教のため来日した米人マッケーレブによって建てられ、
1941年に帰国するまでの34年間、活動の拠点として使われていました。
現在は資料館として、無料で見学できます。
白塗りの下見板張りの壁に濃い緑にぶちどられた窓枠がいかにもアメリカンな感じ。
昔の宣教師は海外派遣される際に建築知識を学んでいたらしく、記録は残ってないが
この建物もマッケーレブ自身の手になるものらしいです。
専門外でもこれだけの設計が出来るのはかなり勉強したんでしょうね。
こんな家建ててみたいです。


P4160306s.jpg




スポンサーサイト

コメント

我々が訪問した時は、たまたまでしょうね
貸し切り状態でした
木枠の窓からの
風が爽やかでした..
やはり、素敵ですね..

>humusmさん
HPも見てますよ。
今回はhumusmさんが以前に行かれたのと
同じようなコースです。
人は確かに少なかったです。
スケッチをしている人ともう一組いたくらいでした。
そのおかげでゆっくり見て回れました。

雑司が谷

ここがどこかはよく知らないのですが、
京極夏彦さんという作家の本に出てくるのです。
とても雰囲気のあるところなんだろうなぁ
と、想像していました。
こういった雰囲気のある建物があるんですね。

>blespaさん

小説やドラマでも使えそうないい場所ですよ。
そのため変な撮影にも使われたりするんでしょうけど。
こんな雰囲気のある建物が、東京にはまだまだあるみたいなので、
これからも紹介していきますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokyokaiyu.blog5.fc2.com/tb.php/52-e0c507a9

 | HOME | 

Monthly Archives


他にも写真系ブログが沢山ある
『人気blogランキング』
に参加してます。
banner[2].gif

にほんブログ村 写真ブログ

Categories Archives

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

tokyokaiyu

tokyokaiyu

東京の古いところ、新しいところを
写真にとっておきたい。
チャリで動き回ってます。
by don

FC2Ad




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。